作成者別アーカイブ: oto

タマパークさまの20周年記念パーティーへ

こんにちは。わよみの大田です。

ブログ、たくさん書きたいことがあるのになかなか書くところまで行き着かず。
少し落ち着いてきたので書きやすい環境作りをいろいろ考えてみたいと思います。

昨日は、町田の駐車場と言えばの「タマパーク」さまの、20周年記念パーティーにお招きいただき参加させていただきました。

IMG_7984

最初、自宅アパートの一角で起業されたというお話を伺いました。
あたりまえのことですが、最初の一歩はどの企業様にもあるもので、最初から大きくスタートできるところはないと改めて知ることができました。

20年といったら嬉しいこと大変だったことたくさんの出来事があったかと思いますが、その間継続して成長されて、今では20名もの社員さんを有する大きな企業になられていること、本当に尊敬します。

これからの成長のための従業員研修を担当させていただいていることも本当にありがたいことだと気合も入ります。

自分自身、個人で活動をはじめ、株式会社にしてもうすぐ5年。まだまだこれからですが頑張っていこうと思う時間をいただけました。

タマパーク様、20周年おめでとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。

 

 

子供の頃に知っておきたかったマインドマップ

最近、子供向けの講座に声をかけていただくことが増えています。ありがたいですねー!

2010年MMA2

マインドマップを使うようになってから、『子供の時にマインドマップを知っていたらなー』と思うようになりましたし、これからの時代に必要なスキルのベースになるものでもあるなぁって考えるようになったので、お声がけいただくと「お伝えできる機会だ!」と思ってとても嬉しいです。

子供のころに知っておきたかった

まずは勉強。全体像を掴みやすく、記憶の定着にもとてもいい。
子供の時に知っていたら本当に楽にいろいろと覚えることができたのになぁって思います。

私はただ覚える教科が苦手で、社会、特に地理や歴史を覚えることが苦痛でした。
マインドマップを知っていたら、楽しく積極的になれたのになぁって思うのです。
絵や図を活用したり、自分の知っている他の知識と組み合わせたりということで関連付けながら覚えられます。

また、国語や数学にも活用できます。読書感想文の骨子、書いてあることのまとめ、公式の関連性などにもよいと思います。

勉強を楽しく積極的に取り組めると、部活や習い事へかける時間も作りやすくなります。
部活や習い事で勉強時間に限りがある時でも、短い時間で効果ある勉強ができるのです。

学生時代、部活の後に夜遅くまで塾に行っていたのですが、それももっと活用できたのかなーって思います。

これからの時代に必要なスキル

AI等の台頭で今ある仕事はなくなるという可能性がたくさんある時代に向けて

  • 作業をする能力
  • 知識を知っているだけの能力

ではなく

  • どう使うかを考える能力

という思考力が問われる時代になってきたと感じています。

思考力があれば、これからの時代は仕事がなくなる恐怖の時代ではなくて、新しい社会への可能性に溢れたチャンスの時代になると思うのです。

マインドマップは脳のメカニズムに合わせて開発されたノート術であり思考を助けるツールです。
私自身、マインドマップを使うようになってから

「クリエイティブだね」
「ロジカルだね」

と相反する(と思われることが多い)二つの言葉をよく言われるようになりました。

どちらも「思考」から生まれるものです。そのどちらの力も伸ばせるのがマインドマップなんです。これを子供の時から活用していたら、本当に人としての可能性はどれだけ広がるのだろうとワクワクします。

もちろん大人にも役立ちます

もちろんこれらのことは、現在大人である私たちも活用できます。

仕事では、アイディア出しからまとめ直し、プレゼン資料の大元を作る時、やることを書き出す時、などなどあらゆる面で活用できます。このブログもざっとマインドマップでまとめてから書いています。

プライベートでも、冷蔵庫の中身や前日までに食べたものをイメージして献立を考えたり、家事を書き出したり、考えなくてはいけないことをまとめたりと、日々の生活を少し楽にすることができるようになります。

家族での話し合いの時にマインドマップで書きながら話すと誰が見てもわかりやすく、脱線しすぎず喧嘩にもならない話し合いができるようにもなるんです。

***

来週、町田のゼルビアキッチン(鶴川駅からバス)で、子供向けに親子で体験いただける講習会を開催します。

マインドマップの開発者トニーブザン氏に直接教えてもらったマインドマップを大好きな町田で、大好きなゼルビアのお店、ゼルビアキッチンで開催できることはとても嬉しいことでもあります。

ぜひこの機会にいらしてください。

日時:2017年10月28日(土)10:00〜12:30
場所:ゼルビアキッチン
(〒195-0063 東京都町田市野津田町919)
費用:無料

詳細・お申し込みはこちらから
http://www.zelvia.co.jp/news/news-112032/

トニー

 

町田市役所 イベントスタジオ開催中!「起業・創業はTOKYOの町田から!」に弊社も紹介いただいております。

本日、2017年9月11日(月)から15日(金)まで町田市役所1Fイベントスタジオにて
「起業・創業はTOKYOの町田から!」
という町田の創業を紹介する展示が開催されております。

町田市役所を入って進んで右手奥。

IMG_5399

こちらのコーナーです。

IMG_5398

町田創業プロジェクトについての説明があります。
そして私が入居している町田新産業創造センターについての紹介も!

IMG_5396

弊社のポップです。

IMG_5405

こちらの一角に展示いただきました。企業研修のチラシも一緒に展示させていただいております。
他の企業も面白い独自の取り組みをしている企業ばかりです。

町田市役所近くにいらっしゃる際には、どうぞお運びください。

まちふれ親子教室開催しました!

こんにちは。わよみの大田です。

8月26日(土)夏休みも終わり間近の週末に、町田新産業創造センターと町田市共催の
「まちふれ親子教室」に登壇させていただきました。

AIと論理思考を体験してもらうための体験講座です。
申し込みが行われてすぐに満席になり、午後の部も急遽開催することにしたくらい好評で100名近いお申し込みをいただいての開催となりました。
みなさんのAIや論理思考への期待の高さがわかり緊張です!

AIは町田新産業創造センターの仲間のアジラさんの担当、AIの説明はもちろん、実際にAIを体験できる時間はとても盛り上がりました。画像認識をみんなでいろいろ試してみました。

そして私が担当した論理思考。時間も短くエッセンスをお伝えした感じですが、少しでも今後の役に立ってもらえたらいいなぁと思います。
特に低学年の方には少し難しかったかもしれませんが、きっとどこかで役立つことと思います。

IMG_5123

熱く話しているところ

IMG_5124

ワークの時間を多めに取りました。
みなさまとわいわいできたことは私にとっても嬉しいことでした。

AIに仕事がとって変わられるなどと言われていますが、そのAIを作ったのも人間。
活かすも使われるも自分たち次第です。

私は学生時代(25年くらい前になりますが(笑))にAIに興味を持っていろいろ学んでみました。ただ、その頃はまだ実現できるハードが難しく実現するというより未来の概念でした。
今はもう使えるところまできたというのはテクノロジーのスピードの速さを感じます。
これからの数十年、もっともっと見たこともない便利な時代がすぐそこまで来ているのだという気配を感じます。

だからこそ、人間だからできること。創造性やヒューマニズムが必要な部分にもっともっと自分たちの力を使っていけるチャンスでもあります。

参加いただいたみなさまにはこんなことが伝わっていたらいいなぁと思います。

これからもこの講座は様々なところで開催したいと思っております。
タイミングがあえばぜひご参加ください。
講座開催のご要望もいつでもお待ちしております。

 

まちふれは、町田にある企業が子供達に学校で学ぶ以外のことを知るいい機会と思いアジラさんと企画、提案からスタートして実現できたことでこれから他の企業のみなさまにも登壇いただく予定です。町田のみなさま、どうぞお楽しみに!

ご参加いただいた皆様、企画を受け入れてご協力いただいた町田市、町田新産業創造センターのみなさま、ありがとうございました!

思考とコミュニケーションとマインドマップ

私たちは思考によって成り立っているような気がするんです。

起きていることに対して意味づけをしているのが思考というのでしょうか。

そんなことをつぶやいていたのがこちら

あ、私のツイッターは、FC町田ゼルビアとロードバイクとお酒や美味しいもの、時々お仕事という感じなのでそれでもいいよという方はぜひフォローミー!

本題に戻ります。

 

思考と傾向

私たちは何か刺激(きっかけ)を受けてそれに対して自分の考え(=思考)を生み出します。

その際に、

  • 過去の体験
  • 知識として知っていること(こうすべき)

にとらわれることが多いように感じます。
知識も過去の体験の一つなんですが、例えば家庭でのしつけなんかも含まれます。

 

この過去の経験や知識というのは実は一人一人違うんです。

私たちは「普通〜だよね」という言葉をよく使います。
私もよく使っていました。

が!どうもこの「普通」ということはないようなのです。

 

普通がない

先日、論理思考についての研修を行いました。

6名ほどが参加の企業研修です。

そこで思考プロセスを意識してもらうような思考ゲームをいくつかやってもらい
「自分はこういう順番でこうやって考えた」ということを説明してもらいました。

すると、これがほとんど同じプロセスで考えた人はいなかったんです。
似た傾向の人はいますが、まったく同じという人はおらず。

これは非常に興味深い結果でした。

 

知ることから

まずは個々が違う。ということがわかっていれば、いろいろなパターンを考えることが可能になります。

違いを知って、こうかな?こうかも?と考える。それだけで、今までより世界はずっと広がるように思います。

 

マインドマップ

私は、マインドマップのインストラクターもしていますが、学び始めて一番役立っているのがこの部分かもしれません。

同じお題で書いても、まったく同じマインドマップはできあがりません。

また様々な角度から一つのことを検討することができます。

自由で多面的な視点を持ちたい時にも使えるマインドマップ。

今週末、8月4日(金)に銀座のギャラリー

日中と夜の2回開催。
お申し込みやお問い合わせはこちらから
どうぞお気軽に体験しにいらしてください。
思考とコミュニケーションの話、もっとじっくりできるかもしれません。