作成者別アーカイブ: oto

【週刊FC町田ゼルビアサポーター 2018】天皇杯3回戦 vs 鹿島アントラーズ

昨日は応援しているFC町田ゼルビアのホーム、町田市立陸上競技場に鹿島アントラーズを迎えての天皇杯3回戦でした。

天皇杯はJ1とJ2のチームは2回戦から。それ以外は大学や地域のチームなどが都道府県の予選を勝ち抜いて各都道府県代表として出て来るトーナメント戦です。

元旦に決勝を行うことでも知られています。(今年は12月24日に決勝が行われます。)

ゼルビアはまだJ1ライセンスを持っていないため、成績が良くてもJ1には上がれません。
ということはアントラーズが来ることは天皇杯以外ではありえないのです。
それも、相手側になることもあるし、そもそもJ1チームと当たることも偶然。
大学が相手だったりすることもでてきますし、ゼルビアの2回戦は、ファジアーノ岡山という少し前にリーグ戦で戦った相手ということもありうるのです。

今回のことがどれだけすごいことだったか少し伝わりましたでしょうか。

昨日は地域活動で道路のゴミ拾いと草むしりをしてから野津田へ。
なのでスタグルとか、待機列とか一切わからず。アップ中の応援も終わった頃に到着でした。

なので今日は私が感じたことを書いておきたいと思います。

IMG_4657

電光掲示板にアントラーズのロゴが!!

ちなみに、アントラーズというとゼルビアの相馬監督がご出身です。
現在は平戸選手をレンタルしてもらっています。
出場の制限をかけなかったようで、今回も平戸選手出場していました!
ちょっと最初固かったけどがんばってた!決めたかったねー!
藤井選手がユース出身ですね。

そしてアントラーズの元日本代表でもある永木選手は、町田の隣町、横浜市奈良町出身。
小中の後輩のようです。調べたら大学も後輩でした(笑)親近感湧いちゃう!
昨日も堅いいい動きだったように思います。ちゃんと見返したいけど見れないのがもどかしい!

試合内容は、まぁやられました!

なんか画面が切り替わるタイミングの写真になっちゃいましたが、スコアは5-1。

IMG_4673

数年前の浦和戦での7-1よりは進歩した!(という友人の言葉。)

うちももうちょっと出来たように私は感じましたが、出し切れなかったことも含めて現在地なのでしょう。1点返せたのはよかった。決め切れなかったのは勿体無かった。

とにかく暑くて湿度も高くて少し動くと汗が噴き出して来るような中、よく走って球際までガツガツ行って、パスミスも少なく連携もしっかり取れていた。なによりシュート精度が高かった。全てに置いて鹿島はうまかったし、体力も気力も素晴らしかった。

近い将来、リベンジできるようにチームも、サポも、スポンサーとしてももう一つ上を目指せるように頑張りたいとスイッチが入りました。

帰りのバスも鶴川行きは長蛇の列だったので、ハイキングルートで下山したら神奈中さんが本気を出してくれていて10分おきくらいに町田行きのバスが出ていました。
この辺もアナウンスできると混雑の分散になるし、帰れるという安心感に繋がると思うんだけどなー。私たちですら、平日だからまだ終バスあったよねえ・・・って疑心暗鬼で、ダメならタクるかくらいの気持ちで下山しましたからね・・・

というところもいろいろ強化していきたいですね。

ということで、昨日は気合いを入れてネイルもゼルビアカラーにして挑みました!
結構いい出来でした。

IMG_4624

さぁもっと応援がんばるぞ!ここがいる場所じゃないし目指している場所でもないからね。
着実に一歩一歩行きましょう!

お客様はつながりを待っている

昨年自転車を購入しました。
自転車っていっても、2,3万円のママチャリじゃありません。
数十万円のロードバイクです。

私とオットと2台、別々のお店で買ったんですが、ちょっとびっくりしたのが、お店からのフォローが一切ないんです!どちらの店からも!どっちも結構有名なお店にも関わらず。

 

車だったらありえません。
新車購入したら点検や車検の連絡、イベントやフェア、買い替えの提案とお客様との接点を持ち長い付き合いをしてもらうために丁寧にコンタクトを取ろうとしています。

私は、以前輸入二輪メーカーで、顧客との関係性を高めるための仕組みを作ったり、販促物を作ったり、ディーラーさんの教育をしたり、という仕事をしていた関係もあってなんと勿体無いことか!と思っています。いまだに。

 

今はパーツでもメンテナンスでもWebで検索をして安いところに流れるという傾向もあるのできてくれる人だけでいいやという考え方もあるかもしれませんが、例えば私なんて自転車のメンテナンスはまったくの素人です。ハガキ1枚、メール1通でもくれば持って行きたくなるのになぁって思うんです。

店に足を運べば、ウェアやパーツを買っちゃうかもしれないし、便利グッズなんか見たら購入意欲は高まります。もしかしたら行きつけになったら保険加入だって考えちゃう。

いやはやその機会損失を考えたら勿体無い。

 

自転車もバイクも(もちろん他の業界も)お客様との関係を深めて、売上に繋がることの可能性、まだまだありそうだな。と思います。

 

例えば今私は、自分の自転車からする異音がワイヤーからなのか、チェーンの伸びなのか、なんなのかわかりません。でも解決はしたいわけです。1年半の間にアプローチがあったら購入店に行ったのになーと思いつつ、どこのお店に行けばいいか悩んでいます。

こういう人が潜在顧客として、これからコアなお客様へ成長できるんです。あぁ勿体無い!

 

そんなことにご興味のある企業・店舗の方はこちらからお気軽にどうぞ。
お話を伺ってオリジナルのプランをご提案します。

こちらからどうぞ
http://wayomi.com/contact

ブログの運用を変更して1ヶ月。どう変わったか

少し前から、

というように運用をわけてみました。

 

なんとなく体感的にこのブログのアクセスが減っているような感じがしていたんですが、このブログのアクセスは変わらず。

そして同じくらいのアクセスがnoteにありました。

月間で数千という、まだまだ微々たる数字ではありますが、単純に倍くらいのアクセスになりました。

 

なにより、noteというプラットホームを見る人たちがこのブログを知っているわけでもなく、新しい方々に書いたものを読んでもらえるきっかけが増えたことは素直に嬉しいです。時々スキとか押してもらえるとグッときます。

特にマイナスな影響がないので、しばらくこの運用のまま続けます。

 

時々こういう数字を確認することも大切です。

やったことを振り返り、未来に向かうためにどうするかを考える。

 

私の次のステップとしてはとりあえず、ロードバイクブログと落描き瞑想の更新頻度も上げて行きたいと考えています。
こう思うと仕組み化しはじめるのでなんとかなるはず。(無理ならいろいろ取捨選択、整理整頓するだけです。)

【週刊FC町田ゼルビアサポーター 2018】第22節 vs 栃木SC

当日、反省会のことだけ少し書いたのですが当日のことを少し振り返りしておきましょう。

雨が降るかと思いましたが、前日くらいに曇りの予報に代わりました。

今回のマッチデープログラムと配布されたうちわ。
お世話になっているタマパークさんのうちわです。
その後雨宮社長に追加で直接いただいちゃいました^^
いつもありがとうございます!

IMG_4516

今日は、準立ち見応援エリアというがっつり応援の場所から1ブロックバックスタンド寄りのゴール裏初心者のみなさまでも楽しめますよーといういつもの場所で、歌詞カードをあげるお手伝い。

なので最前列におりました。

ゼルビアの大旗、どんどん本数が増えていて一番端から見ると圧巻なのですが、今日は大旗隊の中でも古参の方が一番近く(端)にいらしていて。

振り方もですが、何がすごいってこの写真!
これ、試合中なんですよ!振った後でもこの状態にできるってすごい!

あまりの美しさに写真撮っちゃいました。(掲載OKもらってます。)

最前列にいる時に一番好きなのはGo aheadというチャントの時に大旗が一斉にあがるタイミングがあって、それを見ると上がります。

密やかな昔からの楽しみです(笑)

 

試合は、良さを消されちゃっていたというか後一歩相手の方が早く足が出ていたのかな。
後押し仕切れなかった。後半戦のスタートで、気を引き締めなくてはいけないことに気づかせてもらったと思います。この敗戦を活かしましょう。

終わった後は、いつものお店「開本店」さんへ。
多い時は週に数回います。最近は体を整えているので頻度は少し少なめ。

中3日で天皇杯。野津田に鹿島アントラーズがやってきます。

ということで、開本店さんもそれに合わせて営業日を変更するほど!
開のマスター、一郎さんは元サッカーをやっていたこともあって応援も熱いんです!

IMG_4541

7月11日(水)18:30キックオフ 天皇杯 3回戦 VS 鹿島アントラーズ

たくさんの人で応援したいですね。

 

不機嫌とご機嫌の経済効果

今日はライブに行ったので都心へ出かけました。

少し早くついたのでお茶でもと思って少しうろうろしたのですが、カフェが軒並み満席だったので、早めに開いている居酒屋に入りました。

そうしたら、そのお店の店員さんが、まー不機嫌でびっくりのレベルです。

普段なら1杯飲んでさっと出てしまうところですが、楽しみなことがあるし、1時間はいられないしというくらいだったので、まぁいいかとそこで軽く飲みましたが、もったいないなーと思いました。

店員さんが、ご機嫌だったらあと数品は頼んだし、また来ようと思ったかもしれないわけです。

少なくとも心の中のもう行かないリストには書き加えられなかったはず。
私たちより後に来て、1杯飲んで出て行った人たちもいました。
もったいないよー!

もしかしたら直前にイラっとすることがあったのかもしれないし、何かやんごとなき事情があったのかもしれない。

けど、それは私たちには何の関係もないことで。

 

居酒屋さんとかに行くときは、仲間とでも家族とでも一人でも、滞在している間、美味しくて楽しい時間を過ごしたいわけです。

それらを提供する気がないなら、商売としては別の形にすればいいのになーと思うわけです。

 

逆にご機嫌だったら売り上げもリピート率も絶対上がるはず。

 

不機嫌で失っているもの、案外大きいのではないかなと思った出来事でした。

私たちも同じですよね。
明日からまた新しい週が始まります。ご機嫌に参りましょう!