カテゴリー別アーカイブ: おと

私のファシリテーションは助産師さんのよう

私が関わるファシリテーションは0から1、無から有を生み出すものがほとんどです。

 

生み出す時ってするりと産めることもあれば、難産な場合もあって、どちらがいいとか悪いではなくそれが必然であるということはお産を考えてもわかると思います。

 

私はできるだけ自然にその場の中にあるものを取り上げたいなといつも思うんです。

その流れの中で自分が「こうかもしれない」と感じることは多々あるのですが、それすらも一度棚にあげておきます。そうでないと、『自分が感じたことが全て』となってしまい、それは自然に産み出されることとは異なるものだから。

テクニック的に、自分が思った方向に場を誘導して進めることはさほど難しいことではないのです。見えていない時に、見えているものをふとだすと、大概の場合「あ、そうかもね」と多くの人の意識がそちらに向くので。

誘導せずに、メンバーから産み出すように待つのって
意外と辛抱強くないとできません(笑)

 

こういうプロセスで産み出されたものは、その後大化けするものが多いんです。
関わった人が主体的に動くから。だと思います。

 

そんな進め方なので、2時間や3時間と言う時間制限がある場合には、出るかもしれないしでないかもしれないことと、ただ未来へのヒントは得られますということを必ずお伝えします。

時間制限がない方が自然に産まれる気がします。
午後からずっと的な感じでしょうか。

企業だとなかなか難しいですが半日くらいは未来の為に時間を取るとかなり良いものができる確率が高まります。

あとは手法になれるなら何度か回数を重ねるか。

 

書いていて助産師さんのような仕事の仕方だなってちょっと思いました(笑)

「自然に子供(アイディアや事業プランなど)を産み出すお手伝い」

 

ご興味があれば弊社ホームページお問い合わせよりお気軽にどうぞ。
時間や費用についても様々な形のご提案をさせていただきます。

おとBar ご来店いただきありがとうございました!

昨日はまったりゆったりした感じのおとBarでした。

そういえばどんな感じかあまり書いていなかったので書いてみたいと思います。

メニューはこちら。
お土産が中心だったので価格も低めな設定で。
(いつもこんな感じか・・・)

毎回違うので手書き。
もう少し凝ったものにしたいと思いつつそこまでの余力なく(笑)

少し料理を。

壬生菜と鶏皮の和えたのは水が出ちゃうので食べる直前に盛って和えながら食べてもらいます。
昨日はゴマだれ。ポン酢でも美味しいです。
他がお醤油味が多かったのでゴマにしました。

里芋の煮っころがし。

新潟のお土産、イタリアン!
ジャンクな味!(笑)

こちらはどちらも差し入れ。
たたみいわしにイカの肝醤油を塗ってやいたもの。美味しかった!

泡でみんなで乾杯したり!

他にも、さつま揚げや、シフォンケーキなどの差し入れをいただいたり、たらのみりん干しなど私のお土産もいろいろと。

お漬物はすっごい美味しかったんですよ。

あと、新米を丁寧に炊いたものは評判よかったです!

そしてこちらのきんつば。
衣がほとんどないのに、しっかり存在感があって絶妙なお味。

お酒に合うきんつばでした。

みなさんのおかげで楽しい時間を創れています。

昨日もありがとうございました!

次回は11月27日(火)です!

今日はちょっと特別な日

おはようございます。わよみの大田です。

今日は新月。もうぴったり新月は過ぎていますが多分まだ新月モード。

そしてその年の雰囲気を作る(ざっくりとした解説)木星が今日の夜に蠍座から射手座に移動します。

木星は1つの星座に1年くらいいるので移動するというのは大きな節目になることが多いのです。

とはいっても星の動きは連続性のものなので、ここのところ何か予感とか雰囲気が変わる感じを受けている人も多いと思います。

気になる方は「木星 射手座」などでググるといろいろな方が言及している内容をご覧いただけると思います。

その中から自分がピンとくる表現や言葉のものを採用するというのがいいのかなと思っています。

私は、石井ゆかりさんと來夢先生の書かれるものを多く取り入れさせていただいています。

 

占いは情報の一つとして、あたるかあたらないかというより、統計学的になかなか信頼できるのではないか?という思いから活用するようにしています。

 

さて、そんなタイミングで私は岐阜で行われている「法人会全国青年の集い 岐阜大会」に昨日からきています。面白いタイミングです。

今日からが本番。楽しんで参ります。

「iPhone一つで仕事をする」の具体例

今日もバス移動だったので、先日書いた、

iPhone一つで仕事をする

の具体例として記録してみました。

少し早めに家を出ましてバスタ新宿を8時に出発。

最初の休憩が9:30くらいで、ここまでは朝ご飯を食べて朝寝してました。

出発が9:50くらいで、ここから結構作業したので記録しておきます。

できたことは

  • メールの送信や返信
  • メッセンジャーやチャットアプリでのやり取り
  • 新しいプロジェクトで使うアプリのインストールと登録と設定
  • 週明けの仕事の詳細詰め
  • 新しいプロジェクトのオファーと内容確認
  • 家族や友達たちとのライン
  • 昼ごはん先探し(ラインで聞いたり検索したり)
  • note投稿
  • 色々おしゃべり

などができたのでなかなかいい移動だったかもしれません。

名古屋に着いたのが13:30。約5時間。

密度は濃かったです。

新幹線は早いけど意外と何もできないので、かえって色々できた気がします。

もちろんこの記事もその先の移動中にiPhoneで書いています。

手帳は第二の脳みたいなもの

毎朝、時には夜中にでも、開いてみるのが手帳です。

単なるスケジュール確認の時もあれば、あ、あれいつまでにやるんだっけ?みたいなことの確認も。

とにかく自分の行動予定は、アポイントもTo Doも全て手帳に書くようにしています。

 

書いたら頭の中から一旦削除できるので、一つのことに集中しやすく思考がクリアになるんです。

私はガジェット類も好きだし、電子手帳がで始めた頃にも使ったりしたけど、この作業は手書きでないとうまくいかないから不思議です。

もちろんiPhoneやiPad用の手帳アプリもいくつも、無料のも有料のものも使ったし、To Doアプリも使ったし、今でもリマインダーは外出先などでふと思いついたことを音声で入力できるので重宝しています。

でも最終的には手帳に、「いつやるのか」ということも含めて予定として入れるようにしています。

予定の中にTo Doを入れるということが電子だとなんとなくうまくいかないんですよね。
(実は今まで何度か試しているのですがなかなかうまく行きません。)

 

一旦書くと忘れちゃうことも多いので手帳は本当に第二の脳なんです。
見返して思い出すことも多々あります。

記録は別のノートにしていますが、どちらも大切。

今度は記入例なども含めて紹介したいと思います。